四阪島製錬所

経営者が注目する資金調達サービス

      2023/04/13

福岡の経営者が近年注目するサービス、それがファクタリングだ。あまり聞きなれないという方もいるかもしれない。このファクタリングというのは売掛金などの債権を譲渡することで、すぐに現金化をすることができるサービスとなっている。

ファクタリングはあくまでも借金ではなく、厳密には融資でもない。なぜならもともと持っていた売掛金など「いずれ手に入れるであろう資産」を現金化するサービスだからだ。

これはうまく活用すれば現状打破の大きな資金調達に繋がるだろう。もし資金繰りに頭を抱えているということなら、ファクタリングに注目してもらいたい。現状、運転資金が無くなってしまい、資金ショートに陥る福岡の企業は多く、ファクタリングへの注目度が上がっているのだ。

ファクタリングなら福岡で即日資金調達が可能

ファクタリングであれば即日資金調達が可能となっており、それは福岡の個人事業主を含めた経営者にとって魅力が非常に大きいだろう。特に福岡の大企業であれば金融機関も貸し渋りをするということはない。

しかし、福岡であっても中小企業だと現状では金融機関も貸し渋る事が多い。その悪循環に一度ハマってしまうと小さな会社はあっという間に運転資金が底を尽く。福岡ではこれが原因で多くの中小企業が店を手放すような自体に陥っている。そうなるのを防ぐ目的で利用できるのがファクタリングだ。

特に売掛金など名目上では資産となるものでも、現金などではないものなどはファクタリングで現金化するのが良いだろう。福岡ではファクタリングの活用で現状をしのいでいる中小企業が多い。使い方によっては非常に便利なサービス、それがファクタリングとなる。

売掛金などの債権さえあればいい

ファクタリングは売掛金などの債権さえあれば、即日資金調達も可能だ。そもそもファクタリングではそれらの売掛金の債権を譲渡する形で現金化できるため、すぐに資金必要というときには非常に便利である。多少の手数料はかかってしまうものだが、計画的に使っていくことで非常に役立つサービスだ。

もちろん、一度手放した売掛金を再度回収するということはできない。ファクタリングを提供している業者に債権を譲渡してしまうため、売掛金は完全に手放すことになる。つまり運転資金の流れが変わるため、計画の見直しが必要になるわけで、そこでどう使っていくか考えていくことが必要となるだろう。

こればかりは債権さえあれば良いのだが、その債権をどう扱うかによって変わる。福岡では今この売掛金を現金化して運転資金のショートを防いでなんとか耐えている企業が多いのだ。

金融機関の融資より審査が通りやすい

即日対応が可能なhttps://factoringzero.jp/などのファクタリング業者は金融機関の融資よりも審査が通りやすいという特徴も持っている。本来、融資を受けるためにはある程度の審査が必要となる。金融機関もきちんと返済してくれる人を見つけないことには、安心して貸せないからだ

しかし、ファクタリングの場合はそもそもその審査が非常に甘いとされている。そのため、もしこれから利用したいということなら、今日にでもファクタリング業者に連絡して利用することができるだろう。そういう即日現金化という意味でも便利だ。加えて福岡ではファクタリングに注目が集まっており、今は特に契約を増やしたい段階のようで、審査を甘くしているようだ。

最初は戸惑うかもしれないが、ファクタリングは上手に使えば心強い味方になってくれるサービスなのだ。

 - 経済問題